ベビースイミングでは眼鏡やコンタクトはどうするの?

 

視力の悪いママやパパは、眼鏡やコンタクトを使い、日常生活を送る方が多いでしょう。

ベビースイミングはプールに入るため、それらを付けたまま授業に参加できるか疑問をもつと思います。

外して何も見えない、見えにくいという場合、自分や子供の安全上の問題があります。

今日はベビースイミングに参加する方の眼鏡やコンタクト事情を解説します。

眼鏡などはつけたままでOK?

プールでは眼鏡をつけたままでもいいのかについてお話します。

プールに眼鏡等をつけたまま入るリスク

使い慣れた眼鏡やコンタクトをそのままプールでも利用できれば、便利です。

しかし一般的には、眼鏡やコンタクトを付けたままプールに入ることは、以下の理由から避けるべきとされています。

衛生面

プールには水質管理のため、塩素や消毒剤がはいっています。

コンタクトは、涙を吸収しながら、形を保持する機能があるため、水分の吸水率が高いという特徴があります。

そのため、コンタクトをしたままプールに入ることで、不純物や菌が付着しやすくなり、炎症などを引き起こす可能性もあります。

安全面

コンタクトや眼鏡をつけて入った場合、安全面の問題もあげられます。

眼鏡は水中でずれやすく、コンタクトは落としてしまうこともあります。

その場合、思ったような視力矯正が出来ず、転倒や衝突のリスクもあります。

またベビースイミングの場合、落としたコンタクトを赤ちゃんが誤飲してしまう可能性もあります。

眼鏡の場合、水中に入る場合はプールサイドにおいておくといいう方もいます。

生後6か月~3歳を対象にするベビースイミングでは、子供が誤って眼鏡の上に腰をおろす、踏んづけてしまい怪我をしてしまうこともあります。

経済面

コンタクトをつけたまま入水することで、水の抵抗をうけ、紛失する可能性が高いです。

特にハードタイプであれば、高額な商品であり、その経済的痛手は大きいでしょう。

また眼鏡も落下したり、踏まれたりして、割れる、歪むなどがおこるため、経済面でも問題があります。

スクール規定によりNGも

ベビースイミングに参加する際の眼鏡やコンタクトの使用について、特に規定はないというスクールも多いです。

一方で安全面を理由に、プール及びプールサイドでの眼鏡・コンタクトの使用を避けるよう注意するスクールも存在しています。

まずは、自分が通うスクールに確認し、その指示に従いましょう。

ベビースイミングでの実態は?

ベビースイミングを開講するスクールの多くが、コンタクトや眼鏡の使用に特に規定を設けず、参加者の自主判断に委ねられるのが実態です。

筆者の通う大手スイミングスクールでも、特に規定はありません。

以下では、視力の弱いママやパパがベビースイミングに参加する際の視力補助方法について説明します。

眼鏡やコンタクトをつけたまま参加する

一般的に眼鏡やコンタクトをつけたまま、プールに入ることは避けるほうがよいとされています。

しかし、ベビースイミングの授業では泳ぐことはなく、赤ちゃんの水遊びや水慣れが目的です。

月齢や授業内容にもよりますが、保護者は水に顔をつけない、またはつけても短時間でしょう。

そのため、リスクを理解した上で、眼鏡やコンタクトをつけたまま参加するのも手です。

コンタクト

たとえ顔を水につけない授業内容でも、水しぶきが顔にかかり菌が付着する可能性があります。

衛生面を考え、授業後はすぐに外し、新しいコンタクトに付け替えるようにしましょう。

そのため、ハードコンタクトではなく、1日使い捨てのソフトコンタクトをお勧めします。

万が一、紛失した場合も、安価なソフトコンタクトは経済的損失が少なくてすみます。

眼鏡

顔を水につけないため、眼鏡をつけたまま参加しても問題がないことも多いです。

視力がある程度ある方は、プールに入るときはプールサイドに眼鏡を置いておくこともあります。

落下やずれが心配な方には、運動の時に便利な眼鏡バンドも市販されています。

色もデザインもスタイリッシュで付けていても気にならない上、価格も手ごろです。

ベビースイミングの授業では、赤ちゃんを抱っこして歩くなどするため、自然にずれるほか、赤ちゃんの手や足が当たり、眼鏡が落ちることもあります。

眼鏡バンドを使用することで、快適に安全に授業に参加できるため、眼鏡派の方は検討してみてはどうでしょう。

度付きゴーグルを使用

眼鏡やコンタクトを使用したまま、ベビースイミングの授業に参加することに不安がある場合は、度付きのゴーグルの使用をお勧めします。

眼鏡やコンタクトの使用を禁止するスクールの場合は、度付きゴーグル購入を入会時に促されることもあります。

度付きゴーグルは、楽天などのネットショップ、スポーツ用品店、眼鏡店で購入可能です。

自分の視力が分からない場合は、視力測定をして、実際の見え方を確認できる眼鏡店で購入しましょう。

また筆者は乱視があるため、眼鏡店で購入しました。

左右で別のレンズを用意する必要があり、そのアドバイスを貰えました。

逆に自分の視力が分かっている場合、手軽にネットショップで購入するのもいいでしょう。

サイズ調整も可能なため、パパとママだけでなく、子供とも共用することもできます。

曇り止め機能がついているため、クリアな視界が保てるのも度付きゴーグルの魅力です。

さいごに

ベビースイミングの授業中に、コンタクトや眼鏡を利用することは、紛失のリスクなどもあり、一般的にはおすすめされません。

しかし、顔を水につけないベビースイミングでは、スクール側も使用を黙認し、眼鏡やコンタクトを付けたまま授業に参加する人も多いのが実態です。

眼鏡バンドや度付きゴーグルなど、便利なものも市販されているため、検討してみましょう。

コメント