ベビースイミングってママのダイエットになる?

初めてのベビースイミング

産後のママにとって悩みの種は、なかなか戻らない体型、体重という声も多く聞きます。

実は筆者も妊娠時12kgも太ってしまい、授乳で痩せるだろうという期待も虚しく、出産前+5kgで停滞してしまいました。

そんな筆者は娘が生後半年を迎えた時に、ベビースイミングに通いはじめました。

その結果、なんと1年で4kgも痩せることが出来ました。

個人差はありますが、ベビースイミングを上手に活用することで、痩せることは可能です。

ベビースイミングは子供の心身の発達に大きな効果がありますが、ママのダイエットにもなるという嬉しい副産物もあるのです。

本日はベビースイミングとママのダイエットの関係について解説します。

ベビースイミングの運動量は?

まずはベビースイミングの運動量についてお話します。

ベビースイミングの内容

ベビースイミングは、本格的に泳ぐことは目的としていません。

その内容は、月齢により多少の差はありますが、もぐり系・水中歩行系・飛び込み系、浮き系・キック系のいずれかに分類されます。

ママは子供を抱っこしたり、サポートしたりしながら水中を歩く、ジャンプするという動きが中心になります。

ベビースイミングの消費カロリー

泳がないなら、ベビースイミングの運動量はたいしたことはないと思うかもしれませんが、10kg前後の子供を持ち上げたり、中腰で移動したりする動きは、体に負荷がかり、しんどいものです。

普段使わない筋肉を使うので、産後ボディの引き締め効果が期待できます。

一説によると、水中での運動は、陸上の10倍以上の抵抗を受けていると言われ、そのぶん消費カロリーは多くなります。

ベビースイミングと比較的似ている運動が水中ウォーキングで、その1時間あたりの消費カロリーは234kcal前後です。

これは陸上でのジョギング1時間の消費カロリーが271kcal前後ということを考えると、非常に効率的といえます。

日頃忙しくまとまった時間をとることが出来ないママにとって、子供と楽しみながら運動不足を解消できるというのは嬉しいポイントでしょう。

ベビースイミングの美容効果

ベビースイミングにはママにうれしい美容効果も期待できます。

むくみ解消

水中では適度な水圧や温度刺激が、血流をよくする効果もあります。

血流がよくなることで老廃物の排出が正常化されるため、代謝があがり、むくみ改善効果が期待できます。

むくみがとれることで、フェイスラインや体のラインがすっきりとして見えるほか、1~3kg近く痩せるともいわれます。

美意識向上

ベビースイミングに通うことで、継続的に運動ができるほか、水着になるため自分の体をみつめる機会が増えます。

ダイエットの秘訣はコンプレックスの部位を隠すことではなく、人目に晒すことだといわれます。

水着になることで、より「痩せたい」という想いが強まり、ダイエットのモチベーションが高まるでしょう。

ダイエット効果を高めるために

ベビースイミングでダイエット効果を高めるコツをお話します。

ベビースイミングの選び方

痩せることを秘かな動機としている場合、ベビースイミングのスクール選びも気をつけましょう。

ベビースイミングのコース設定は各スクールで異なり、週1から毎日通い放題まであり、その回数には大きな差があります。

痩せたいなら毎日でも通えるというスクールを選び、用事がない場合、集中して通いましょう。

筆者も、週4回はベビースイミング授業に参加していたため、特に意識せずとも痩せたのだと思います。

通い放題の授業料金は、週1に比較すると若干高くなりますが、ママがダイエットのため別にジムに通うということを考えるとコスパはいいと思います。

なお友人の通っているスクールでは、コーチが順に子供を見る時に、保護者は25m泳ぐことが出来るというサービスもあったようです。

おやつは低カロリー、低糖質を心がける

筆者はベビースイミングを始めた頃、運動した気になってしまい、ケーキなどをご褒美として食べてしまっていました。

ショートケーキ1個のカロリーは360kcalですから、毎回食べていては運動で消費した以上のカロリーを摂取することになり、当然痩せません。

おやつは低カロリー、低糖質を意識して、ダイエットが成功できるようにしましょう。

ベビースイミングへの不安

痩せたいという意識はあり、ベビースイミングの効果に期待したいけれども、次のような不安をもつママに向けて、対策をまとめます。

水着姿に抵抗がある

ただでさえ、産後太りを気にしているのに水着姿になるのは恥ずかしくて、耐えられないという声もよく聞きます。

周囲のママも必死

周囲のママも我が子と一緒にプログラムに参加するのに、手一杯で、周りを観察する余裕はないのが現実です。

その為、水着姿を気にしてしまう気持ちも、回数を重ねるごとに薄れていくと思います。

水着でカバー

水着は肌に密着するため、選び方ではお腹のぽっこりが目立ってしまいます。

以下のような水着を選ぶことで、上手に体型をカバーできるでしょう。

縦にラインがはいったデザインのため、体のラインがすっきりみえます。

二の腕をカバーできる袖ありタイプなのも嬉しいポイントです。

この水着自体にシェイプアップ効果があるということで、ダイエットを意識したいママにはぴったりです。

こちらも縦ラインで、トップスに柄をいれることで目の錯覚を利用し、体のラインがすっきりみえます。

また取り外し可能なスカートもついているため、ヒップ周りが気になるというママさんにも太もも隠しの効果があり、人気です。

着痩せ細見せにこだわって作られているフィラの水着もおすすめです。

さいごに

水中で運動するベビースイミングは、陸上の運動に比べて、負荷が大きくなり、運動効率が高いです。

日頃忙しく、まとめて運動の時間をとれないママにとって、赤ちゃんと楽しく通いながら痩せられるというメリットは大きいでしょう。

体重減少という直接的なダイエット効果に加え、血流改善によるむくみ解消も期待できます。

自分の水着姿を定期的に見つめることは、「痩せたい」という強いモチベーションにもなるでしょう。

コメント